ビットコインなどの仮想通貨の参戦国から中国という存在が失われた今、仮想通貨は収益性がアップしています。
その理由ですが、ビットコインなどはマイニングという手法で副業感覚で仮想通貨を入手することができるのですが、子のマイニングという方法は、参加者が多い国が参加してしまうとその国が富みを独占するという問題があったが故収益化が難しい状態が続いていたのです。

特に中国はパソコンやパソコンを持つ人物が多いが故、大量の人員と高性能なパソコンがマイニングに参加してしまうと中国側の収益になるという問題があったのです。ところが、いま現在中国はマイニングに参加をすることはもちろんのこと、仮想通貨の市場事態に参加することはできません。

何故なら、中国は今現在進行形で電力が足りないが故、マイニングという電力を爆発的に使用する行動で収益を上げるということができないためです。
中国は石炭による発電に頼っており、かつその石炭が輸入できないということで今現在電力の確保に忙しいのです。

その為、中国という人的資源が多い存在が仮想通貨から遠のいている今が仮想通貨への投資のねらい目であり、マイニングを行うねらい目でもあるのです。
ご存じとは思いますが、マイニングはマイニングを行う人物が減少すれば仮想通貨のシステムが立ち行かなくなるという問題上報酬額を引き上げるという処置を取ります。

報酬額が引き上がれば、マイニングでも十分に報酬を得ることが可能なのでわざわざ仮想通貨のトレードに参加する必要性はありません。
しかもマイニングは自分で行えば詐欺にあうこともありませんのでお勧めの副業として機能します。

ただ、マイニングにおいては唯一の問題点は電力消費において問題があるという点がありますが、この点を解消したいのであれば、第三国にクラウドファンディングしてマイニングを委託するという方法もありますので工夫次第では自分でマイニングをする必要性はないです。

第三国への委託は信頼性という物が分からない点にあるためお勧め手段としては自己責任になりますので、これだったら自ら仮想通貨をトレードして収益を得た方が安全かもしれないです。
今なら中国という存在がいませんので通常のトレードでも仮想通貨の流通は見込まれており、他の銘柄でも収益を望めるため今が仮想通貨への投資のねらい目であると結論付けます。なお、中国の電力問題の解決については今のところ不鮮明で恐らく問題の解決は難しく、現状を維持すると思われます。